幸せのはちみつカカオアイス (愛知県立愛知商業高等学校 ユネスコクラブ)

愛知県立愛知商業高等学校 ユネスコクラブは、2011年6月より、キャンパス周辺に広がる名古屋近代化の歴史遺産が数多く残るエリア「文化のみち」の持続可能なまちづくりに貢献するため「なごや 文化のみちミツバチプロジェクト」を立ち上げ、ミツバチ育成の実証実験を開始しました。活動するにあたっては、名古屋学院大学「みつばちプロジェクト」チームと、全国初となる“ミツバチ高大連携プロジェクト”を結び、様々な活動を展開しています。

 

幸せのはちみつカカオ

 

名古屋市東区にある手づくりアイスクリーム工房ぷらんぼんと共同で開発した、「徳川はちみつ」 とガーナ産「フェアトレードカカオ」を使用したフェアトレードアイスです。売り上げの一部は、ガーナの教育支援や農業発展に役立てられる仕組みとなっており、“世界中の人が幸せに暮らせる未来のために” という思いが込められています。トッピングされたカカオニブのカリカリとした食感も楽しめるアイスです。

 

 

幸せのはちみつカカオは、ソーシャルプロダクツ・アワード2015(主催:ソーシャルプロダクツ普及推進協会、後援:経済産業省)を受賞いたしました。
※ソーシャルプロダクツは人や地球にやさしい商品・サービスの総称で、購入や理由を通じて、生活者がよりよい社会づくりへの参加(社会貢献)が可能なものを意味します。このソーシャルプロダクツの普及・推進を目的に設けられた日本で初めての賞が、ソーシャルプロダクツ・アワードです。

 

(ホームページより引用)

 

オンラインストア(手作りアイスクリーム工房 ぷらんぼん)

https://www.pleinbon.com/SHOP/ICE-029.html

 

愛知県立愛知商業高等学校 ユネスコクラブ

https://aichi-ch.aichi-c.ed.jp/bee.html

 

前の記事

揖斐菓匠庵 みわ屋

次の記事

たねのしずく研究所